WINTER 2018 NEW COLLECTION 「よろこびを交わして。 」

Top > 特集から探す >秋冬に心地よい、上質なぬくもり - ピエール

WINTER 2018 NEW COLLECTION ピエール

両サイドのかがりと大胆な革の継ぎ目がアクセントを添える新作。素材には、稀少な鹿革の中でも
特に質の高い、ニュージーランド産のものを使用しました。使い込むにつれ色艶が深まるよう、
革はタンニンなめしに。“素肌(=ピエール)”の名の通り、表面加工も最小限に抑えた仕上がりです。
そのため風合いの良さは格別で、鹿革本来のしなやかさとキメの細かさがご堪能いただけます。

時を重ねて深みを増す素のままの美しさ。

イメージ

2018年秋冬のデザインテーマは「メイクアップ」。ピエールは素材本来の美しさを活かした素上げ調のディアスキン(鹿革)を使い、これからメイクアップをしていく素顔の女性を思い描きながら仕上げたシリーズです。上質な素材だからこそひきたつシンプルなデザインに、大胆なかがりがバッグに悠然とした風格と存在感を与えます。

秋冬に心地よい、上質なぬくもり

イメージ

ハンドバッグはしっかりとした収納力のある、上品で柔らかなデザイン。使うほど手になじみ、一度手にすると手放せなくなる持ち心地のアイテムです。同系色の服と合わせればエレガントなスタイリングに。

ハンドバッグ ¥120,000 +税  H25×W34×D15cm

イメージ

デイリーに活躍するサイズのショルダータイプにも、広く使いやすい間口にはファスナーを装備しているので安心です。よりカジュアルにディアスキンを楽しみたい方へおすすめです。

ショルダーバッグ ¥100,000 +税  H22×W24×D13cm

ディアスキン(ピエールシリーズ)キャンペーンのご案内

鹿革 Deerskin ピエールシリーズ「ディアスキン」の特徴

国内タンナーによる鞣し加工

ディアスキンは、奈良県にある老舗の鹿革のタンナーで「タンニン鞣し(なめし)」で仕上げられます。タンニン鞣しは革表面の加工を最小限に抑えているため、油分を吸収しやすく、経年変化が比較的早く楽しめるのが特長です。

ニュージーランド産ディアスキン

ピエールシリーズは、とびきりしなやかで上質なニュージーランド産のディアスキン(鹿革)を使用しています。ニュージーランド産のディアの原皮はキズが少なく、最高の素材。その軽さとは反対に、丈夫で摩擦に強いとされています。


使い込むほど味わい深く

使うほどに味わい深く変化する鹿革は、使えば使うほど、光沢・テリが増し、柔らかくなり、他の革では出すことのできない深い味わいが出てきます。素上げならではの、自然の風合いを大切にした美しさが魅力です。

しっとりと柔らかな肌触り

鹿革の柔らかな肌触りは人肌に最も近いといわれ、使い込むほど手になじみ、牛革よりも軽く、通気性があり、何年経っても劣化しにくい素材です。キメが細かくしっとりとした柔らかい肌触りは、他の革ではだせない鹿革独特のものです。

イメージ

ディアスキン(鹿革)は、“レザーのカシミア” といわれるほどレザーの中でも最高級な素材です。
カラーは染料染めにより時間とともに深みがましていく自然な色合いに、秋冬のコーディネイトにも合わせやすい定番色(赤とマスタード)をご用意しました。
上質なディアスキンの感触を、実際に触れてぜひその魅力を確かめてください。

イメージ

  • ピエールシリーズ特集

    秋冬に心地よい、上質なぬくもり

  • 「ディアスキン」キャンペーンのご案内

    「ディアスキン」キャンペーンのご案内

  • エンカントシリーズ特集

    冬に持ちたい、こだわりのメッシュ

  • アニマルモチーフ

    お気に入りのバッグを、もっと楽しく♪

  • 2018 秋冬新作コレクション

    2018 秋冬新作コレクション

  • 財布・ウォレット商品一覧

    財布・ウォレット商品一覧

MADE IN JAPAN - イビサの製品はすべて国内生産です

当社の製品に使用されている皮革は、ワシントン条約("CITES"「サイテス」)を遵守し適法に輸入されたものです。
※ワシントン条約「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(CITES 「サイテス」:Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)